通信講座の特徴

通信講座のご案内

教室講座をリアルに再現した 「DVD」

通学受講生と同一のカリキュラムと教材、教室講義をライブ収録したDVDにより、ご自身のライフスタイルに合わせていつでもCPAの教室講義をリアルに再現。※資料会員の方へのDVD送付はございません。
充実の「質問制度」と、質の高い「オリジナル教材」、合格へナビゲートする「添削指導」により、受講生を強力にバックアップしていきます。

 充実の「質問制度」

受講生のご都合に合わせて、質問方法を選択することができます。また、CPAでは回答までのお時間を最大限短縮するように努めています。『お待たせしない』をコンセプトに即日から3営業日以内で回答をお届けします。
質問用紙による場合、郵送事情等により3営業日以内に回答をお届けできないこともあります。

<質問方法>

  1. 質問電話(時間指定有り):各担当講師がお電話にてお答えします。
  2. 質問用紙(24時間受付可能):郵送又はFAXにて質問受付と回答を行います。また、E-mailによるご質問も受付けています。
  3. 質問スクーリング(予約制):担当講師が対面にてお答えします。

 質の高い「オリジナル教材」

長年の指導経験で培ってきたノウハウを凝縮したオリジナル教材をお届けします。もちろん、近年の出題傾向や試験委員が志向する論点を徹底分析し、網羅的かつ体系的に作成していますので、CPAの教材だけで本試験に向けた対策は万全です。

1)テキスト

CPAのテキストは、会計基準や諸法令等を基に、指導ノウハウを凝縮したオリジナルです。要所を的確にまとめることで、コンパクトでありながら、分かり易く出題範囲の網羅性をも兼ね揃えています。更に、重要な論点については、設例を盛り込むなど、理解度を高める工夫が随所に施されています。

2)理論集(税法科目)

理論学習のコツは、各税法の全体的なつながりを押さえ、可能な項目は計算とリンクさせながら、学習することです。
CPAでは、膨大な量の法律などを過去の出題傾向に基づき詳細に分析し、的確にまとめています。この教材により、受講生の負担は格段に軽減されます。

3)個別計算問題集

計算学習用の基本教材です。処理方法を本試験出題形式に沿って項目別にまとめています。講義内で使用することはもちろん、講義項目と密接なリンクを図っていますので、復習用教材としても最適です。個別問題の反復演習によって、難度の高い総合問題に対応できる基礎力が養われます。

4)ミニテスト・復習問題

各講義で学習した範囲の定着の度合いを計る確認ツールです。ミニテストで解答できない部分があれば、講義の復習を行う必要があります。

5)練習問題

1時間程度の制限時間を設けて実施する総合問題です。税理士試験を突破するために必要な処理能力を養うことを目的に、毎講義実施します。

6)月例試験 添削指導

各科目の学習範囲内で定期的なペースで実施する本試験形式の定例模擬試験です。出題範囲を区切ることで、その時点での学習進捗度を測ることができます。

7)答案練習 添削指導

直前期で実施する模擬試験です。税理士試験の出題範囲全体から、網羅的に出題します。基本的な論点はもちろん、試験委員対策を含めた本試験の出題予測に沿った作問によって、受講生の合格率を最大限に高めます。

合格へナビゲートする「添削指導」

本試験の出題形式を踏まえ、出題可能性の高い項目を柱として作問した月例試験と答案練習が、添削対象となります。提出後は、速やかに添削を行い答案に合わせて受講生の得点分析と担当講師の講評を付した添削指導用紙をお届けします。一人ひとりへの的確な講評が、受講生を合格へナビゲートします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事