全日制クラス 教室LIVE受講

CPAメソッドが集約されたオススメ講座(受験専念型)
全日制クラスは、長期に渡る税理士試験の学習を短期間で合格に達するレベルへと養成するクラスです。税理士試験の学習に専念できる方や大学生のWスクールなど、時間の都合がつきやすい方にオススメです。またこのクラスは、税理士試験科目の膨大な量を短期間で効率的にこなすカリキュラムとなっているため、単なる資格試験対策ではなく、税理士試験合格後に重宝される『できる税理士』としての養成も兼ねています。

カリキュラムについて

科目ごとのスケジュール(9:00 – 17:00)

税理士ゼミナール年間スケジュー
(注)上記の他、各月ごとに月例試験を行います。尚、スケジュールは変更する場合がございます。

一日の講義スケジュール(イメージ)

税理士ゼミナール一日のスケジュールイメージ

年間の講義スケジュール

※スケジュールは変更する場合がございます。

全日制クラス年間講義スケジュール

受講料

1)1科目申込み

税理士通学講座受講料

2)複数科目申込み/通年総合

全日制クラス受講料2

3)複数科目申込み/応用総合

全日制クラス受講料3

<全日制クラスの特徴>

  • テキストに頼らない講義
    黒板を使い講義で扱う単元の全体像を理解させた上で、重要な条文の考え方を理解させます。講義では暗記ではなく理解中心の学習となるため、税理士試験科目のボリュームの多さを、受講生に負担を感じさせることなく学習を進めることができます。
  • 考える習慣を身に付ける学習
    「なぜ?どうして?」と内容の考え方や制度の背景を理解させることを重点に講義をしています。講義終了後の学習についても自分の頭の中で整理する学習法の指導を行っています。この学習法で「考える力」が身に付き、税理士試験における応用問題に対し柔軟に対応できる他、税理士として働く際に必要な問題対応能力も身につきます。
  • 充実したアウトプット演習
    各講義で実施されるミニテスト、練習問題による問題演習を通じて、各回の講義内容の復習がその日のうちに行えます。また毎月1回行われる月例試験により、定期的な学習内容の復習や、学習の進度をはかることもできます。
  • 適正規模による徹底した指導
    適正規模による講義と個別指導の徹底により、受講生一人一人にあったアドバイスを的確に行うことができ、受講生の力を最大限に発揮させながら学習することができます。
  • 科目別の講師専任制度
    講義を担当する講師が、テキスト作成から、最新の試験動向を踏まえた問題の作問までを担当しています。この科目別講師専任制度により、受講生の理解度や学習の進捗度に応じた的確なアドバイスが行えます。
  • CPA独自の反復問題演習法
    CPA独自の学習法として反復問題演習法があります。これは問題演習を解いた後、直ちに解答は配布されず、再び同じ問題を解きなおす(フォロー制度)手法です。このフォロー制度により、解答を導き出すプロセスについて「なぜ?どうして?」を確認しながら復習することで、理解を一層深めることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事